オーガニックな庭作り つるかめ園芸

enngei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 177 )

ウーフ先に 到着の巻

イギリス アイリスバーリーにある ウーフ先、ヘブンズゲイトさんに着いた日のお写真アップ。
駅まで出迎えに来てもらい、そのまま周囲の観光案内をしてもらいました。
先ずは、ナショナルトラストの敷地、半端なく美しい!
日曜日とあって、家族ずれ、愛犬の散歩、マウンテンバイクの集団、トレッキングのカップル、賑わってました。
ソフトクリームもホストファーザーにおごってもらいご満悦!
先にウーファーとして来ていた韓国の青年 リー君、日本語ほぼ完璧に話せ、英語も堪能なトライリンガルでした。(えー!トライリンガルくらいウーファーなら結構普通ですよー。 と軽くおっしゃる。)
家に着いて案内してもらう。 カッコいいジョンディアー製の芝刈り機が目の前を走っていたり、気球が静かーに空を横切って行ったり。
見慣れない光景に驚きの連続!
b0291906_04323614.jpeg
b0291906_04402492.jpeg
b0291906_04410451.jpeg
b0291906_04553417.jpeg


[PR]
by idneo215 | 2016-10-04 04:57 | Comments(0)

イギリス ウーフ体験

イギリスにて、ウーフ体験をしています!
ウーフの受け入れ先としては、珍しいガーデニングのバージョン。
ホストファミリーは、静かでとても優しい人達です。
今日初日は、ボーダーガーデンの草取り、土ならし、球根、種の植え付け、などなど。

春の芽吹きが楽しみ!
出来ることなら、春の様子を見に来たい!
今回は6日間の貴重な体験。
b0291906_03505200.jpeg
b0291906_03512743.jpeg
b0291906_03534036.jpeg

[PR]
by idneo215 | 2016-10-04 03:54 | Comments(0)

花壇 作り

市川三郷町のK邸さま。

花壇 作りをさせて頂きました。

先ずは、土の搬入から。 ひたすら、腕力!
b0291906_2141870.jpg

用土作りは、オリジナルな秘伝のレシピで。 (←ちょっと盛った。)
b0291906_21523353.jpg

ご主人希望の、マホニアコンヒューサ を中心に植栽。
b0291906_21434064.jpg


完成!
ただただ、楽しかった!
b0291906_21471868.jpg

b0291906_21475227.jpg

[PR]
by idneo215 | 2016-05-24 21:55 | Comments(0)

お・も・て・な・し

もてなし上手なお客さま、市川三郷町のKさま。

超がつくほどに、人に施すのが大好きなお方。

この日は、「満開のバラ」と「石窯ピザ」を楽しむ会!に呼んで頂きました。

b0291906_2012529.jpg


ピザ生地の小麦粉からはじまり、かなりの食材は自家製で出来たもの。
素晴らしい食料自給率!
焼き上がったばかりの熱々ピザを頂くと、多幸感に包まれます。

b0291906_2019565.jpg

b0291906_20201983.jpg


ほとんどの時間を、食べることに集中していた為、バラの写真はアッサリと撮っておきました。
b0291906_20232899.jpg

b0291906_20234828.jpg

[PR]
by idneo215 | 2016-05-24 20:25 | Comments(0)

ケヤキの剪定

南アルプス市の N邸様。
立派に 伸び伸びと枝を広げたケヤキを、剪定して参りました。
b0291906_22472780.jpg

協力頂いたのは、ユニック使いの魔術師!河口湖園芸の在原さんと、
ツリークライミングのインストラクターでもある、木登り名人!飯塚さん。
b0291906_22541665.jpg

2tユニックの性能をフルに引き出して、外側から
スパイダーマンの様にロープを巧みに扱い、内側から
b0291906_22552882.jpg

サクサク、剪定が進んでいきます。
b0291906_231135.jpg

予定よりも、大幅 速やかに作業は進み。
b0291906_2325092.jpg

最後、枝の切り口に腐れ防止の殺菌・癒合剤を塗布して作業終了しました。
小さくなったとは言え、緑の癒しと、夏は木陰をつくり涼しさに一役かってくれることでしょう。
[PR]
by idneo215 | 2016-03-20 23:46 | Comments(0)

世界一美しい日本の紅葉

先月の上旬の話しですが、河口湖のもみじ祭りに参加して参りました。
華道を習っている「煎茶道 文人華道 清泉幽茗流 」のお茶席、出店の為。
b0291906_15101892.jpg

ロケーションばっちり?? 、見事な紅葉の見頃を迎えて、、いました。(過去形)
b0291906_15155517.jpg

どこかの家族の記念撮影風景。 タイトルは「娘と孫とモミジ」か。
b0291906_1518498.jpg

引きの写真。タイトル 「茅葺屋根と煎茶席」
b0291906_15212065.jpg

いい雰囲気。
b0291906_15432633.jpg

どうして紅葉するのか?仕組みのお話し。この解説めっちゃ分かり易い!
解説はこちらへ(丸投げ)
[PR]
by idneo215 | 2015-12-03 15:38 | Comments(0)

日本の夜明け

東京での勉強会参加の為、羽田空港へ。
朝6時半、朝焼けの時間。
日本の夜明け。(厳密に言うと空港の夜明け)
b0291906_189534.jpg

彼方に見える富士、出発準備の旅客機。
b0291906_18123285.jpg

大空に飛び出したくなったなり。
b0291906_18134457.jpg

[PR]
by idneo215 | 2015-11-29 18:14 | Comments(0)

松枯れ 防止対策講座

お世話になっている甲府市の山宮造園さんのご好意により、いま日本中で問題になっている松枯れの対策講座に参加、勉強して参りました。
b0291906_20385878.jpg

その松くい虫の被害のメカニズムは、、
春に(マツノゴマダラ)カミキリが松の枝をかじり、身体に付いている(マツノザイ)センチュウを松の木に移します。 すると、木の樹勢が衰えて松ヤニが出にくい状態になります。
そして、再び松の木に止まりヤニに邪魔されることなく幹の中に侵入して卵を産みつけます。
センチュウはそのまま増殖を続け、木の水分・栄養分を送る仮道管を詰まらせてしまい、萎れるように枯れて仕舞うというものです。
b0291906_2055175.jpg

松枯れの症状がでたら、早急に処分するしかありません。
他に感染を拡大させない為に。
そうなる前の予防策がこちら。
b0291906_20595788.jpg

b0291906_2101945.jpg

その昔、ギョウ虫で困った人達が飲んだという「虫下し」の薬と、同じ成分の薬剤を注入します。
今は、これが最善の対策だそうです。
手をこまねいていると、街中の松が枯れていってしまうかも知れません。
[PR]
by idneo215 | 2015-11-26 21:07 | Comments(0)

秋の杜の中。

気持ちのいい天候の中、樹木学習会に参加して来ました。
甲府市にある武田の杜にて、山梨県植物研究会名誉会員 中込先生よりご教授。
b0291906_8182443.jpg

遊歩道を歩きながら、広く樹木の特性と樹勢など説明してもらいました。
こちらは、ニシキギの説明中。(話しよりも写真だったりして。)
b0291906_8234227.jpg

石の見本園は、軽くスルーです。
b0291906_8245065.jpg

見晴らしのいい展望台にて、更にマニアックな樹木の話しが続きます。
b0291906_8274380.jpg

小さなお土産。 山栗に、クヌギに、ダンコウバイの種。
b0291906_8305045.jpg

楽しみは、続く。
[PR]
by idneo215 | 2015-10-11 08:36 | Comments(0)

脳の別の部分を使う

2ヶ月に一度のお楽しみ、華道の稽古に行ってきました。
普段は、切り落としている枝や葉、そして盛りの花材を使い
基本に忠実に活けていきます。
b0291906_1754787.jpg

他の生徒さんの作品を見るのも、いろんな発見があり、実に面白い!(誰のマネ)
b0291906_17581692.jpg

芸道極めること数十年の家元さん、さすが言葉の重みが違います。
b0291906_1759977.jpg

こちらのタイトルは「後月余情」禅語から来ています。
満月の後の余韻を楽しむです。 感じ取って頂けたでしょうか。
b0291906_181986.jpg

[PR]
by idneo215 | 2015-10-04 18:04 | Comments(0)