オーガニックな庭作り つるかめ園芸

enngei.exblog.jp
ブログトップ

ケヤキの剪定

南アルプス市の N邸様。
立派に 伸び伸びと枝を広げたケヤキを、剪定して参りました。
b0291906_22472780.jpg

協力頂いたのは、ユニック使いの魔術師!河口湖園芸の在原さんと、
ツリークライミングのインストラクターでもある、木登り名人!飯塚さん。
b0291906_22541665.jpg

2tユニックの性能をフルに引き出して、外側から
スパイダーマンの様にロープを巧みに扱い、内側から
b0291906_22552882.jpg

サクサク、剪定が進んでいきます。
b0291906_231135.jpg

予定よりも、大幅 速やかに作業は進み。
b0291906_2325092.jpg

最後、枝の切り口に腐れ防止の殺菌・癒合剤を塗布して作業終了しました。
小さくなったとは言え、緑の癒しと、夏は木陰をつくり涼しさに一役かってくれることでしょう。
[PR]
# by idneo215 | 2016-03-20 23:46 | Comments(0)

世界一美しい日本の紅葉

先月の上旬の話しですが、河口湖のもみじ祭りに参加して参りました。
華道を習っている「煎茶道 文人華道 清泉幽茗流 」のお茶席、出店の為。
b0291906_15101892.jpg

ロケーションばっちり?? 、見事な紅葉の見頃を迎えて、、いました。(過去形)
b0291906_15155517.jpg

どこかの家族の記念撮影風景。 タイトルは「娘と孫とモミジ」か。
b0291906_1518498.jpg

引きの写真。タイトル 「茅葺屋根と煎茶席」
b0291906_15212065.jpg

いい雰囲気。
b0291906_15432633.jpg

どうして紅葉するのか?仕組みのお話し。この解説めっちゃ分かり易い!
解説はこちらへ(丸投げ)
[PR]
# by idneo215 | 2015-12-03 15:38 | Comments(0)

日本の夜明け

東京での勉強会参加の為、羽田空港へ。
朝6時半、朝焼けの時間。
日本の夜明け。(厳密に言うと空港の夜明け)
b0291906_189534.jpg

彼方に見える富士、出発準備の旅客機。
b0291906_18123285.jpg

大空に飛び出したくなったなり。
b0291906_18134457.jpg

[PR]
# by idneo215 | 2015-11-29 18:14 | Comments(0)

松枯れ 防止対策講座

お世話になっている甲府市の山宮造園さんのご好意により、いま日本中で問題になっている松枯れの対策講座に参加、勉強して参りました。
b0291906_20385878.jpg

その松くい虫の被害のメカニズムは、、
春に(マツノゴマダラ)カミキリが松の枝をかじり、身体に付いている(マツノザイ)センチュウを松の木に移します。 すると、木の樹勢が衰えて松ヤニが出にくい状態になります。
そして、再び松の木に止まりヤニに邪魔されることなく幹の中に侵入して卵を産みつけます。
センチュウはそのまま増殖を続け、木の水分・栄養分を送る仮道管を詰まらせてしまい、萎れるように枯れて仕舞うというものです。
b0291906_2055175.jpg

松枯れの症状がでたら、早急に処分するしかありません。
他に感染を拡大させない為に。
そうなる前の予防策がこちら。
b0291906_20595788.jpg

b0291906_2101945.jpg

その昔、ギョウ虫で困った人達が飲んだという「虫下し」の薬と、同じ成分の薬剤を注入します。
今は、これが最善の対策だそうです。
手をこまねいていると、街中の松が枯れていってしまうかも知れません。
[PR]
# by idneo215 | 2015-11-26 21:07 | Comments(0)

秋の杜の中。

気持ちのいい天候の中、樹木学習会に参加して来ました。
甲府市にある武田の杜にて、山梨県植物研究会名誉会員 中込先生よりご教授。
b0291906_8182443.jpg

遊歩道を歩きながら、広く樹木の特性と樹勢など説明してもらいました。
こちらは、ニシキギの説明中。(話しよりも写真だったりして。)
b0291906_8234227.jpg

石の見本園は、軽くスルーです。
b0291906_8245065.jpg

見晴らしのいい展望台にて、更にマニアックな樹木の話しが続きます。
b0291906_8274380.jpg

小さなお土産。 山栗に、クヌギに、ダンコウバイの種。
b0291906_8305045.jpg

楽しみは、続く。
[PR]
# by idneo215 | 2015-10-11 08:36 | Comments(0)