オーガニックな庭作り つるかめ園芸

enngei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 182 )

太陽の恵み

甲州ブドウ

葉を透かして日光を充分に浴びると、色づき甘さが増します。
もう少し経ち、色づいた頃ワイン工場に行き、2013年産の甲州ワインへと生まれ変わります。

正に、太陽の恵み!! 感じました。
b0291906_22274777.jpg

[PR]
by idneo215 | 2013-09-19 22:18 | Comments(0)

自然栽培

甲府 相良農園さんのジベレリン処理していない、種ありのピオーネ。
どどーん!

種ありは、市場での商品価値が下がる為、余り流通していませんが、美味しくて自然に近いブドウをということでの挑戦。
また、木村式自然栽培勉強会@山梨に入り無農薬栽培に向けて動きだしました。

あ  もう一人の友人、自然栽培の本田葡萄農園さんも無農薬、無肥料、不耕起にて努力の結晶 ブドウを5年前から作っておられます。

挑戦、素晴らしいですね。

はい、コマーシャルタイムでした。
b0291906_22124614.jpg

[PR]
by idneo215 | 2013-09-19 22:10 | Comments(0)

断捨離デー

富士川町のI邸 いつもお世話になっております。(ペコリ)

今日は庭のメンテナンスではなく、庭の一角に眠っていた既存物の整理・片付けの、断捨離デー。
作業が進む程に広がっていく空間。
終わってみるとサッパリ・スッキリの広々トキメキ空間に! (個人的感想です。)

その後の仕事帰り、近くの温泉に寄って湯舟にプカー。
一日の疲れが取れる丁度いい感じの温度。
温泉から出てみるとサッパリ・スッキリの男前に! (個人的妄想です。)
[PR]
by idneo215 | 2013-09-10 20:36 | Comments(0)

観葉植物

友人のお店・有機村さんの、店内にもっと緑をキャンペーン中につき、
今日取り揃えた観葉植物のラインナップ。

右 、 シュガーバイン ーーーー 耐陰、耐寒性あり 地味なように見えて、よく見ると可愛い姿。
中 、 ヨウシュコバンノキ ーー 明るい日陰でもOK。小さい葉を沢山つけ、涼しげなイメージ。
左 、 トックリラン ーーーー ホ・オポノポノでクリーニングツールとして話題になった、
トックリヤシと誤って購入。花屋で見つけた時は、心の中でガッツポーズ。よくよく調べてみると、、、 チョッと違う。
ザ・うっかり八兵衛。

ホ・オポノポノ ファンの皆様方、ご注意あれ。
b0291906_20123843.jpg

[PR]
by idneo215 | 2013-09-06 20:55 | Comments(0)

トンボ、見つけた。

いつみても蜻蛉一つ竹の先

正岡子規
b0291906_20585592.jpg

休憩中トンボみつけて写真撮る

ピンボケをソフトフォーカスと言い張る
[PR]
by idneo215 | 2013-09-05 21:40 | Comments(0)

心のメンテナンス

昨日は、人気カウンセラー・田村まゆみさんのスカイプセッションを受けました。
詳細はここでは割愛するとして、、、。
長年溜め込んできた、しかも無かったことにして心の隅に追いやってきていた、負の思い達を一緒にキレイに片付けてもらった感じ。
なに、このスッキリ、爽快感!
行列のできる人生相談所!?、並んで待った甲斐がありました。

興味ある方こちらに飛んで!
軽ーい、面白キャラのお方です。
不意に昭和のギャグが飛び出して来ます。
こころして(笑)

ニュートラルに生きる
[PR]
by idneo215 | 2013-09-03 18:02 | Comments(0)

ヘンリー・D・ソロー

もし朝も夜も喜びのうちに迎えられ、
花や香り高いハーブのように、生活がよい香りを放ち、
弾みと輝きと活気をもつなら、それこそが人生の成功だ。
すべての自然があなたを祝福するだろう。
あなた自身も、あらゆる瞬間をとらえて自分を祝福するがよい。

ヘンリー・D・ソロー ウォールデン 森の生活

b0291906_16212487.jpg

自然と共に暮らすことの精神的な豊かさを提唱し実践した19世紀のアメリカ人作家、ヘンリー・D・ソローの著書「森の生活」をテーマに1977年、誕生したナチュラルリゾート、萌木の村。

今更ながらテーマを知り、改めて村内を眺めて見ると、、、ガッテン、ガッテン!!
自然を愛でる人がいます。 芸術家がいます。職人がいます。心豊かな優しい人達がいます。
そしてキレイな風景があります。

そのヘンリーさん、上のような超カッコイイ言葉なんかを残しています。
私が言ったら、みんな鼻で笑うんか。
[PR]
by idneo215 | 2013-09-03 16:41 | Comments(0)

草の声、虫の声

センペルビウム
原産地はヨーロッパ・アルプスという高山多肉植物。
極寒にも耐え、日本の暑い夏にも耐えしのぶ。
脇から子株が次々と増え、花も咲かせる。
打たれ強く、増やし易い最強の多肉植物と称される。
「だからと言って、耐久実験しないでね。時々はお水もちょうだい。」

特別友情出演、ミズアブ。
「オレ、ミズアブ。人を刺したりなんかしないぜ。不快害虫なんて言ったら付きまとっちゃうぞっ。」

(、、、妄想劇場)
b0291906_2234615.jpg

[PR]
by idneo215 | 2013-09-01 22:34 | Comments(0)

鷺草って。

サギ草

Wiki先生によると、、、日本では環境省により、レッドリストの準絶滅危惧種の指定を受けている。
理由は、自生地である湿地の開発による消滅、または乾燥化、そして人為的な採集による。
その一方で、栽培されたサギ草は、園芸店などを中心に流通は盛んであるとのこと。

その愛らしい姿の為、まだ存在できるサギ草は、まだ幸せな種!?
b0291906_21265525.jpg

[PR]
by idneo215 | 2013-08-31 21:30 | Comments(0)

機能✖美しさ

清里開拓のシンボルとして飾られている、ジョンディア社製のトラクター。

今日ふと、ハンドルの中央に、飛び跳ねようとする鹿を型どったロゴを発見。
フェラーリやランボルギーニのロゴマークみたいだと、妙に興奮。
昔、スーパーカー大好き少年は、どんなに時代を経ていてもこんな発見で、血が騒いでしまうのでした。

ジョンディア、、実用一点張りでなく、キラリと光るオシャレなセンスがニクいですな。

b0291906_2221827.jpg

b0291906_21592349.jpg

[PR]
by idneo215 | 2013-08-29 22:05 | Comments(1)